■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-003

災害発生日時等平成12年 2月
12時55分 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等60歳(男)
経験年数:40年 
災害発生状況当日、被災者は、ブルドーザー運転手とともにトラクタ集材作業の荷掛及び枝掛け作業に従事していた。
ブルドーザー運転手は、かかり木2本をブルドーザーで遠隔処理するため、集材路からかかり木に向かって前進し、約19m林内に入った地点で停止した。運転手は、被災者が手前のかかり木の裏側にいることを確認した後、ブルドーザーを停止させた地点で方向転換をし、奥のかかり木を処理するために、手前のかかり木に向い約4mバックさせた。運転手は周囲に被災者の姿が見えないことを不審に思い、ブルドーザーを前進させて後方を見たところ、仰向けに倒れている被災者を発見した。
状況から、ブルドーザーがバックした際に、完全停止したものと思いこんだ被災者が、ワイヤーを取るためにブルドーザーの後ろに近づき、轢かれたものと推定される。 
作業場所の林種別天然林 
作業種別車輌集材 
使用機械集材機械(ブルドーザー) 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→