■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-004

災害発生日時等平成12年 2月
9時50分頃
(死亡:2月同日12時19分、死因:脳挫傷、頭骸骨・顔面骨骨折) 
災害発生場所長崎県 
被災者年齢等67歳(男)
経験年数:20年以上 
災害発生状況作業員2名は、8時頃現場に着き自走式搬器において集材を行っていた。被災者(事業主)は9時頃現場に着き傾斜度26度程度の西向き斜面いおいて間伐作業の伐倒に一人で従事していた。ヒノキ2本目を伐倒したところかかり木に、さらに3本目もかかり木になったことから4本目(根本径22cm)を伐「倒、併せて3本目を「投げ倒し」をしようとしたものと考えられる。しかし3本目の元口から2.7mのところにあたりその反動で4本目の元口が跳ね上がり元口から60cmの部分で顔面を強打仰向けにて被災していた。10時頃伐倒作業に合流しようとした作業員により発見され携帯電話にて救急車を要請、病院へ搬送した。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径22cm 樹高15m) 
その他特記すべき事項保護帽着用
特別講習等受講なし 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→