■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-009

災害発生日時等平成12年 1月
14時30分 
災害発生場所鹿児島県 
被災者年齢等46歳(男)
経験年数:4年 
災害発生状況被災者は、トラック(15t積・ヒアブ付)で103本の木材(杉丸太)を運搬し、搬入先の製材所木材置き場に到着後(4日14時半ごろ)一人で木材を降ろすため転落防止用のワイヤを外したところ、積載していた最上部の丸太2本(末口直径20cm、長さ4m)が落下してそのうち1本が被災者の後頭部と右肩部を直撃し、頭がい底骨折のため死亡したものと推定される。
当日は、被災現場にあたる製材所は午後から休みとなっており、被災者は翌日(5日)出勤してきた製材所職員により発見された。 
作業場所の林種別その他(製材所木材置き場) 
作業種別その他(森林組合市場での落札済丸太の配達) 
使用機械その他(ヒアブクレーン付トラック) 
作業対象その他(落札済丸太) 
その他特記すべき事項・トラックの積載量は過積載ではなかった。
・被災者はヘルメット未着用であった。 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→