■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-011

災害発生日時等平成12年 4月
午前11時ごろ 
災害発生場所宮城県 
被災者年齢等70歳(男)
経験年数:約50年 
災害発生状況・被災者は、同僚と2人で伐採作業及び搬出作業を行っていた。
・被災者は、伐採作業を行い、同僚は、搬出作業を別の場所で行っていた。
・同僚によると、被災者が昼食時になっても戻らないため、被災者の作業現場に行ったところ「身をかがめる様な姿勢」で背中に倒木を受けたまま死亡していた。
・現場の状況からすると、被災者の伐倒した木から隣接木に「つる」が巻き付いていたため、伐倒木と一緒に隣接木が根こそぎ倒木し、隣接木が被災者の背中を強打したものと思われる。(現場は傾斜約42度の地形) 
作業場所の林種別天然林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェンソー) 
作業対象伐倒木 
その他特記すべき事項被災者は、ヘルメットを、ツメ付き地下足袋を着用していた。 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→