■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-024

災害発生日時等平成12年 5月
15時15分 
災害発生場所鹿児島県 
被災者年齢等64歳(男)
経験年数:14年 
災害発生状況被災者は、県発注の火山砂防工事現場において支障木伐採作業の補助をしていたところ、ほかの作業員が伐採したカシの木(直径60センチ、樹高16メートル)がかかり木になった。
かかり木のつるを切ったところ、伐採木が斜面を滑り出し、側方に退避していた被災者が伐倒木と立木の間に挟まり、内臓破裂のためまもなく死亡。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェンソー) 
作業対象伐倒木(径60cm 樹高16m) 
その他特記すべき事項県発注火山砂防工事現場 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→