■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-026

災害発生日時等平成12年 6月13日 
災害発生場所岡山県 
被災者年齢等64歳(男)
経験年数:45年 
災害発生状況作業員2名でヒノキの間伐を行っていた。
被災者1人で傾斜角40〜42度の山林においてトビ口を使用して集材作業(胸高直径約30cm、長さ約10mのヒノキを約3mに玉切りしたもの)中、集材木とともに、約9m下の作業道に転落した。
転落直後、他の作業員に発見され、救急車を手配し病院に搬送されたが、間もなく死亡した(死因は全身打撲による外傷性ショック死)。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別木寄 
使用機械その他(トビ) 
作業対象集材木(ヒノキ径30cm 長さ3m) 
その他特記すべき事項・保護帽着用
・巡回安全指導の実施なし 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→