■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-030

災害発生日時等平成12年 7月22日 14時00分 
災害発生場所宮崎県 
被災者年齢等64歳(男)
経験年数:40年 
災害発生状況事故当日は4名で木材伐出作業を行なっていた。
14時頃土場にいた同僚が伐倒作業に従事していた被災者のチェーンソーの音がしないことに気づき確認に行ったところ、被災者が風倒木の上に仰向けに倒れていた。
事故現場を目撃した者がいないため詳細は不明だが、下記の原因が推定される。
1 伐倒後に斜面を約3メートル滑り落ち、風倒木に激突した
2 伐倒木が被災者の体に接触し、その勢いで転落して風倒木に激突した
被災者は外傷はなかったが、ろっ骨を骨折しており、ほぼ即死だったということである。
なお、被災者は経験年数40年のベテランで特別教育等の資格もあり、保安帽も着用していた。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェンソー) 
作業対象伐倒木(径21cm 樹高13m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→