■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-031

災害発生日時等平成12年 7月28日 14時40分頃 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等64歳(男)
経験年数:5年 
災害発生状況下刈作業現場で、2名で作業を行っていた。
被災者は、前日の雨で滑りやすい状態の中、斜面の下方に刈り進み、足を滑らせて転倒し、刈払機が右足の脛にあたり、下腿部を不全切断したものと思われる。
なお、現場に残っていた刈払機には、刈刃が残っておらず、被災場所から約16m南の地点で発見されており、バランスを崩した際に、刈刃が石にぶつかり、飛んだものと思われる。
被災者は、体から刈払機を外し、タオルで大腿部を止血し、助けを求めるため、沢伝いに南方向へ38m移動したが、他の作業員と約70m離れていた為、連絡が取れずに出血多量により死亡したものと思われる。
他の作業者が作業終了予定時間の午後3時30分になっても、集合場所に戻ってこなかったため、探しに行き、倒れている被災者を発見した。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別下刈 
使用機械その他(刈払機) 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→