■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-032

災害発生日時等平成12年 7月31日 10時45分 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等56歳(男)
経験年数:0.2年 
災害発生状況被災者は、当日、午前8時頃から社長他4人とともに伐採作業に従事していた。
傾斜約40度の斜面において、直径50cm、高さ19mのシラカバを切り倒すため、事故発生の10分前にくさびを打ち込んだが倒れなかった。
被災者は、その伐倒作業中のシラカバをそのままにし、約20m離れた場所で別の作業を行なっていたが、チェーンソーの給油をするため、放置されていたシラカバの付近にある燃料タンクへ向かったところ、シラカバが倒れてきて、その下敷きとなり、頭の骨を折ってまもなく死亡した。 
作業場所の林種別天然林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械 
作業対象伐倒木(径50cm 樹高19m) 
その他特記すべき事項特別教育未実施 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→