■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-036

災害発生日時等平成12年 7月3日 16時20分
(死亡:7月3日16時20分) 
災害発生場所大分県 
被災者年齢等65歳(男)
経験年数:10年 
災害発生状況木材伐出現場において、小さな尾根筋(約25度)で、その方向に並べた伐倒木の玉切り作業をするため2mの尺棒を使用しマーキング作業中、その木が不安定な(他に並べられた木の上に斜めに乗り、木の先端部が株に掛かった)状態であるため、尾根筋の横斜面(約20度)方向に滑り出し、当該木の下方にいた被災者が逃げ切れず、下方にある伐倒木によりかかる状態で倒れ、背後から滑ってきた木に頭部を挟まれ、死亡した。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェンソー) 
作業対象伐倒木(径34cm 樹高16.9m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→