■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-041

災害発生日時等平成12年 10月20日(金) 午後3時50分 
災害発生場所新潟県 
被災者年齢等66歳(男)
経験年数:39年 
災害発生状況山林におけるスギ伐採作業中、伐採したスギ(胸高直径36cm、樹高25m)が近くの立木(スギ)にかかり木となり、更に倒すため、木に巻いていたワイヤーロープを機械集材装置で牽引していたところ、立木の枝が折れ、近くで集材装置の運転者へトランシーバーで連絡合図を行っていた被災者の頭部に飛来直撃した。
現場は林道から1km程離れたところにあり、伐採作業は3名で索道架線(搬出)とチェンソー(伐倒)で行っており、被災時は1名は架線集材機の運転、1名は伐採で、被災者は伐採の補助(トランシーバーでの連絡・合図等)を行っていた。
原因としては、伐採周辺に接近し過ぎたこと、更に保護帽を着用していなかったことにある。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェンソー) 
作業対象伐倒木(径36cm 樹高29m) 
その他特記すべき事項被災者:伐木造材士 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→