■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-042

災害発生日時等平成12年 10月22日 9時15分
(死亡 10月22日 18時40分) 
災害発生場所滋賀県 
被災者年齢等62歳(男)
経験年数:47年 
災害発生状況・被災者は、同僚2人と80年生および30年生のヒノキ立木の作業を行っていた。
・一人は離れたところで作業しており、一人(A者)と被災者(B者)は1〜2m間隔の3本の立木を伐採することになっていた。
・B者が先に斜面上部位置している2本を山側45度方向に伐倒した。
・続いて、A者が3本目を同じ方向に伐倒したところ、B者が伐倒方向の危険区域内に入ったため、立木の枝が当たり失神した。
・すぐに救急車で病院に運んだが、約9時間半後に出血性ショックで死亡した。
・被災者は保護帽を着用していた。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(択伐) 
使用機械伐木造材機械(チェンソー) 
作業対象伐倒木(径45cm 樹高21.4m) 
その他特記すべき事項作業員は全員伐木造材作業従事者特別教育を受講していた。 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→