■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-049

災害発生日時等平成12年10月 
災害発生場所秋田県 
被災者年齢等63歳(男)
経験年数:35年 
災害発生状況午前8時30分頃から3人編成で、送電線下の支障木伐採を行っていた。対象木(H=19m、D=40cm)の伐採にあたっては、3人で安全性を確認した上で、被災者が伐採した。
対象木と1.6m離れた隣接木の上部が蔓(D=6cm)で絡んでいたため、対象木が倒れる際、隣接木が引っ張られ上端部分(L=7m、D=15cm)が地上8m付近で折れて落下、被災者を直撃した。
被災者は、直ちに病院に搬送されたが、胸を強く打っており両側外傷性気胸のため1時間後に死亡した。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別その他(支障木伐採) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径40cm、樹高19m) 
その他特記すべき事項保護帽は着用 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→