■林業労働災害(死亡災害)速報
No.12-050

災害発生日時等平成12年10月 
災害発生場所福島県 
被災者年齢等67歳(男)
経験年数:21年 
災害発生状況被災者は10月12日午後より、東北電力送電線の支障木伐倒のため、同僚5人とともに災害現場で作業を行っていた。
同日13時50分頃、同僚(ア)が支障木(A)の伐倒を行っていたが、チェーンソーが挟まり、伐倒作業ができなくなった。楔を用いて伐倒作業を開始したが、支障木(A)の径が小さいため、楔がチェーンソーにぶつかり伐倒できなかった。
そこで、被災者と同僚(イ)が伐倒方向よりロープで引き倒す作業をした。支障木(A)は倒れたが倒れる際に隣接しているモミの枯れ枝に当たり、高さ約12mより落下したモミの枯れ枝(直径13cm長さ6.2m)が被災者の頭部右前を直撃した。
同僚は避難できたが、被災者は足下の切り株につまずいて逃げ遅れたらしい。被災者はヘルメットを着用していたが、衝撃により脳挫傷と頚椎骨折のため死亡した。 
作業場所の林種別人工林(スギ) 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径20cm 樹高21m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→