■林業労働災害(死亡災害)速報
No.13-020

災害発生日時等平成13年6月25日 
災害発生場所石川県 
被災者年齢等65歳(男) 
災害発生状況スギの枝打ち作業をしていた被災者が、12m下の地上に転落し、ただちに病院に収容されたものの頚椎損傷等により間もなく死亡したものである。
当日は、朝8時頃から同僚3名と共に作業をしており、スギの木には7m位まではハシゴで登り、それより上は木登り機を使用していた。墜落した被災者の腰には安全帯のベルトは巻かれておらず、スギの木の反対側にロープが切れた状態で落ちていた。なお、安全帯のロープはビニールテープで補強してあった。また、被災者の横に「木登り機」の上部の腰かけ器具が落ちていた。
枝打ちは18mまでされており、「木登り機」の下部の足掛け部分が12mの位置に残っていたことから、枝打ちを終え、下りる途中で事故が発生したものと思われる。
墜落した被災者の腰には安全帯のベルトが巻かれていなかったことから、何らかの原因でロープが切れ、被災者が安全帯をはずした後に、さらに「木登り機」の上部腰掛け器具と木に巻き付けるゴムベルトを結ぶ留め具がはずれ、墜落したものと思われる。
安全帯はビニールテープで補強したものを使用しており、また「木登り機」の上部腰掛け器具と木に巻き付けるゴムベルトを結ぶ留め具のはずれ防止のために、留め具の上にさらに取り付けられる外れ止めゴムバンドが右側だけ無くなっていた。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別 
使用機械その他(枝打ち) 
作業対象その他(径50cm) 
その他特記すべき事項使用器具(木登り機、安全帯、鉈等)は全て被災者個人の所有物。 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→