■林業労働災害(死亡災害)速報
No.13-022

災害発生日時等平成13年6月19日 
災害発生場所愛媛県 
被災者年齢等58歳(男)
経験30年以上 
災害発生状況県道の道路拡張工事現場で支障木の伐採をしていた。
8時50分頃、シイノキを伐採しようとして地面から25cmのところに受け口を作り、追い口からチェーンソーを入れて伐採を始めたとたんに、立木が縦に5.2mにわたって割れ、その割れた元口部分が追い口から90度の方向でずれ、被災者の方向に跳ね上がり、腹部を直撃した。
現場では、経験年数4年程度の同僚がおり、事故後救済を行った。 
作業場所の林種別天然林 
作業種別伐倒 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径30cm 樹高15m) 
その他特記すべき事項安全帯、ヘルメットは着装していた。労災保険加入済み 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→