■林業労働災害(死亡災害)速報
No.13-027

災害発生日時等平成13年3月12日 
災害発生場所栃木県 
被災者年齢等73歳(男)
経験30年 
災害発生状況被災者は、同僚1名とヒノキの間伐作業中であった。傾斜58度の急峻な地形のため、作業中に足を滑らせて、下部の沢まで12mを転落しヘルメットを着用していたが、全身を強打した。本人は、自力で動けたため、そのまま病院へ行ったが、MR技師が当日不在のため、翌日再度自力で病院に行き、入院して精密検査を行った。その後、入院中に容態が悪化し、病院で3月30日に死亡した。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径18cm 樹高12m) 
その他特記すべき事項伐木・造材の資格 昭和57年1月29日取得 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→