■林業労働災害(死亡災害)速報
No.13-041

災害発生日時等平成13年12月7日 
災害発生場所岩手県 
被災者年齢等42歳(男)
経験20年 
災害発生状況当日の業務予定では3人で伐採、小出し作業を行うはずであったが、被災者が当日朝現場にこないことから、他の2人は他の現場に移った。その後、被災者は10時ごろ現場に行き、1人で作業を行っていた。夕方になっても被災者が帰宅しないため、同僚等が捜索したが見つからず、翌日7時30分ごろ発見された。被災者は、クリの伐採を行おうと受け口をとり、追い口を26cm入れたときに樹幹が裂け、被災者は直ちに斜め後方6.5mの位置へチェーンソーを持ったまま退避したが、ちょうどその場所へ約半分に裂けた材(長さ6.5m)が飛来し、被災者を直撃した。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径56cm 樹高22m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→