■林業労働災害(死亡災害)速報
No.14-004

災害発生日時等平成14年 1月 30日 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等69歳(男)
経験年数:30年 
災害発生状況カバ(胸高直径28cm)を谷側に伐倒したところ、伐倒方向がずれ、前方のイタヤカエデ(直径20cm)の枝と幹の二股部分にかかり木となり、その反動で伐倒木の元口が跳ね上がり、伐倒者に激突した。9時に病院に収容され、胸部あばら骨折、骨盤骨折により休業2カ月の診断、3日後に被災者の地元の病院に転院する予定であったが、夕方になり容体が急変し、死亡したものである。 
作業場所の林種別天然林 
作業種別伐倒(択伐) 
使用機械その他(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径28cm) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→