■林業労働災害(死亡災害)速報
No.14-005

災害発生日時等平成14年 2月16日 
災害発生場所秋田県 
被災者年齢等59歳(男)
経験年数:36年 
災害発生状況作業員4人でスギ人工林(46年生)の間伐作業を行っていた。このうち3人の作業員が、それぞれチェーンソーを持ち、伐倒作業をしていたが、昼になり、2人の作業員が休憩所に戻る途中、被災者が伐倒木(長さ15m、直径34cm)の下敷きになっているのを発見した。被災者は病院に運ばれたが、頚椎、肋骨の骨折などによる外傷性ショックで死亡した。 被災者が下敷きとなった伐倒木は、かかり木となったため、この木の根本を4回玉切り(長さ50cm×4回)したが、それでもかかり木がはずれないため、掛かられている木を伐倒したところ、かかり木が突然落下し、死亡した。                  
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械伐木造林機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径34cm、樹高15m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→