■林業労働災害(死亡災害)速報
No.14-011

災害発生日時等平成14年 2月 6日 
災害発生場所岩手県 
被災者年齢等71歳(男)
経験年数:40年 
災害発生状況被災者は当日同僚2名とスギ・カラマツの混交林をチェーンソーにより伐採作業を行っていた。当日午後被災者は、樹高20m、根元径約50cmのスギを伐採したところ、付近にあったカラマツ立木に「かかり木」となったので、これをはずす作業に取り掛かろうとしたとき、突然かかり木となっていたスギがはずれ、かかり木の下にいた被災者に落下し、被災者の頭部を直撃したものと推定される。(脳挫傷により死亡)
〔チェーンソーをもったまま、かかり木の下を移動中、突然倒れてきたかかり木の下になり受災。無風状態、けん引具は持っていなかった。〕   
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(元口径50cm 樹高20m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→