■林業労働災害(死亡災害)速報
No.14-023

災害発生日時等平成14年 8月21日 
災害発生場所群馬県 
被災者年齢等63歳(男)
経験年数:15年 
災害発生状況被災者は伐倒作業をしていた。午前中は2人で行い、午後から3人で作業を行っていた。被災者は40m離れた同僚Aの所に行き、伐倒方向を山側にするためチルホールを借りた。同僚Aは、15時頃休憩時間となったため被災者に声をかけたところ応答がないため、被災者の伐倒箇所に行った。被災者は山側に頭を向けてスギ伐倒木(胸高直径22p・長さ15.8m)の下敷きになり、うつ伏せに倒れていた。状況から、伐倒方向を山側にするためのチルホールで引きながら伐倒したが、何らかの原因で伐倒方向がずれ、被災者の方向に倒れたものと推測される。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→