■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-003

災害発生日時等平成15年1月9日 
災害発生場所京都府 
被災者年齢等64歳(男)
経験年数:49年 
災害発生状況立木の伐採作業中、支障木であるクヌギ(直径30p)の伐倒を行っていたが、木が突然倒れる音を聞き、同僚が木の下敷きになっている被災者を発見。被災者のヘルメットが飛ぶのを目撃。伐倒木は、縦に裂けた状態で、追い口側に一部を残していた。切り倒した部分は、残った部分と樹皮でつながったまま先端を地面につけぶら下がっていた。詳しい原因は現在調査中。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械その他(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径30p 樹高15m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→