■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-005

災害発生日時等平成15年2月3日 
災害発生場所兵庫県 
被災者年齢等70歳(男)
経験年数:40年以上 
災害発生状況当日は午前9時頃から、タマネギ小屋に覆い被さったウバメガシの伐採を所有者と一緒に行っていた。現場は崖地で、寄りかかった木をはずしていたところ、平衡感覚を失って、12m下のコンクリート面に転落した。頭蓋骨骨折、出血もあり、ほとんど即死状態であったと思われる。本人は普段から安全には十分気を使っていたが、たまたま車の中に置いていた安全ベルトをせずに作業をしていた。昔は石工、その後数人で伐木作業をしていた。20年程前から1人で伐採を手がけており、ユンボやトラックも運転し、チップ原木等を徳島の市場に出していた。また、最近は近隣の山裾の雑木を伐って高知県の炭焼き業者に出していた。 
作業場所の林種別天然林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径15p 樹高10m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→