■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-006

災害発生日時等平成15年2月7日 
災害発生場所京都府 
被災者年齢等58歳(男)
経験年数:20年 
災害発生状況被災者は、林道周辺(2〜3m以内)の危険木除去作業を行っていたが、急斜面の岩場で根起きし倒木したヒノキ(胸高約38p、長さ約13m)が林道に向けて突き出ていたため、これを処理するため林道から岩場を約7m登り、根起きした倒木の根元から約5m(径約30p)の位置で岩と倒木のすき間に入り、チェーンソーで切断したところ、根元部の方が滑り落ちてきて、岩との間に胸部を挟まれ被災した。 
作業場所の林種別その他(倒木) 
作業種別その他(林道の危険木除去作業) 
使用機械その他(チェーンソー) 
作業対象その他(倒木)(径38p 樹高13m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→