■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-008

災害発生日時等平成15年2月21日 
災害発生場所秋田県 
被災者年齢等66歳(男)
経験年数:46年 
災害発生状況私有林の伐採作業現場において、伐倒木(スギ、径25p 樹高9m)に付着した雪が、玉切りするのに支障となるため、グラップルで伐倒木の先端付近(径13p)をつかみ、持ち上げ、揺さぶり雪を落とそうとした所、伐倒木の下に入った被災者に、グラップルでつかんだ箇所から折れた伐倒木の元口側(長さ7.9m)が落下した。推定だが、待機場所から伐倒木を越えたところにある燃料缶へ向かう時に、伐倒木の下を通過したものと推定される。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別造材 
使用機械伐木造材機械(グラップル) 
作業対象伐倒木(径25p、樹高9m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→