■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-011

災害発生日時等平成15年2月27日 
災害発生場所奈良県 
被災者年齢等65歳(男)
経験年数:40年 
災害発生状況皆伐作業(傾斜地30〜40度でヒノキ・70〜80年生、胸高直径35〜45p、樹高25m)で、7〜8名の作業班を組み集材作業場で5〜6名が作業し、そこから100mほど離れた伐採作業場で2名が作業していたところ、伐採作業中かかり木になったが、未処理のままかかり木から15mほど離れたところで枝払い作業中に、さきのかかり木が自然落下し、先端部分が頭部を直撃、即死に至った。 
作業場所の林種別人工林 ヒノキ70〜80年生 
作業種別伐倒(皆伐作業) 
使用機械チェーンソー 
作業対象伐倒木(径40p、樹高25m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→