■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-042

災害発生日時等平成15年8月1日 
災害発生場所秋田県 
被災者年齢等61歳(女)
経験年数:25年 
災害発生状況スギの間伐作業現場(私有林)において、被災者の夫(65歳)と2人1組でスギ(径58p、樹高34m)立木を伐採作業中、夫がチェーンソーで受け口と追い口を入れ、妻(被災者)にクサビを打つよう指示した。被災者が、2本目のクサビを打ち付けていたところ、予定した谷側の伐倒方向とは別の斜面平行方向へ、ねじれるように倒れ、大きくバウンドした後、伐根付近にしゃがみ込んでいた被災者の腰を直撃し、被災者は、5mほど斜面を転落した。事故後、被災者の意識はしっかりしていたが、夫が病院へ搬送後、容態が急変し、内臓の出血多量によるショックで、同日午後6時30分頃死亡した。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径58p 樹高34m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→