■林業労働災害(死亡災害)速報
No.15-047

災害発生日時等平成15年9月12日 
災害発生場所宮城県 
被災者年齢等69歳(男)
経験年数:30年以上 
災害発生状況被災者が一人で、林道脇のスギ人工林において、立木の伐木造材作業を行っている時に発生した。被災当時の目撃者はいない。被災者が根元際で、チェーンソーを使用して追口等の鋸入れをしていたところ、根元から幹が裂け、その反動で途中から折れた幹が、退避しようとした被災者の体に直撃したものと思われる。その作業現場では、立木を3本程度伐倒済み。奥の現場で作業をしていた別の林業事業体の作業員が、帰る時に被災者を発見し、通報。被災者は病院に運ばれたが、間もなく死亡。 
作業場所の林種別人工林 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械伐木造材機械(チェーンソー) 
作業対象伐倒木(径 推定40p 樹高 推定18m) 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→