■林業労働災害(死亡災害)速報
No.16-021

災害発生日時等平成16年9月6日 
災害発生場所山口県 
被災者年齢等67歳(男) 
災害発生状況被災者は夫婦2人で、森林組合から受託した下刈作業を行っていた。昼休み後作業をはじめてすぐに蜂の巣(土中)に遭遇し、スズメバチに刺された。2人ですぐに下山を始めたが、被災者が途中で意識が薄れて倒れたので、奥さんが車のところまで下りて携帯電話で森林組合に連絡し、救急車を要請した。組合職員と救急隊員が現地に到着後すぐに被災者のところに向かったが、既に意識が無く呼吸、脈拍も無かった。 
作業場所の林種別 
作業種別造林(下刈、ハチ刺され) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→