■林業労働災害(死亡災害)速報
No.16-022

災害発生日時等平成16年9月1日 
災害発生場所長野県 
被災者年齢等35歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚6名とともに伐倒および荷かけ作業に従事していた。被災者は同僚1名とともに先山で荷かけ作業を行っていた時、全幹木(ネズコ長さ14.6m、胸高直径48cm)1本と半幹木2本(ヒノキ長さ5m、末口径30cmおよびヒノキ長さ14.3m、末口径13cm)の材を荷かけし、退避し、集材機運転手に合図を送った。集材機で材を引き出した時ネズコの先端が伐根に当たり、斜め上方に振られ、約6m上方に退避していた被災者に激突した。(死亡は翌日9月2日) 
作業場所の林種別 
作業種別架線集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→