■林業労働災害(死亡災害)速報
No.16-023

災害発生日時等平成16年9月5日 
災害発生場所広島県 
被災者年齢等52歳(男) 
災害発生状況被災者は、台風による風倒木(胸高直径40cm、長さ15mの二又木)の処理を行っていた。場所は民家裏側の法面(傾斜55度)である。処理する風倒木はワイヤロープで固定していた。被災者が地面に接した枝を切り落とした時、全体の重心の位置が変わり、処理木が斜め下に移動して被災者の左肩、左側頭部に当たり、その勢いで被災者が転倒し、コンクリート法枠に右側頭部を激突し、さらに処理木の枝に挟まれた。 
作業場所の林種別 
作業種別その他(風倒木処理) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→