■林業労働災害(死亡災害)速報
No.17-031

災害発生日時等平成17年6月17日 
災害発生場所広島県 
被災者年齢等72歳(男) 
災害発生状況事業主が臨時作業員を雇い機械集材装置の架設を行っていた。当日は、集材機の引込索(6mm)を利用して、エンドレス索(9mm)を引き回す作業を行っていた。引込索とエンドレス索は蛇口をポリロープで結合していた。事業主が集材機を運転してエンドレス索を引き込んでいたところ、元柱から20〜30mのガイドブロックを結合部が通過する時、ポリロープが切れると共に元柱として設置していた人工支柱が集材機側に倒れ、側にいた臨時作業員を直撃した。集材機を運転していた事業主も衝撃で頭部を負傷した。結合に用いたポリロープの強度が低く、人口支柱の控索が不十分(無いに等しい)であった。 
作業場所の林種別 
作業種別架線架設 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→