■林業労働災害(死亡災害)速報
No.17-039

災害発生日時等平成17年9月30日 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等63歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚7名と共に伐採作業を行っていた。作業を終えて作業員が集まったとき被災者がいないので探したところ、伐倒木(エゾマツ)の付近で倒れている被災者を発見した。現場の状況から、被災者がエゾマツ(胸高直径60.8cm、樹高26.5m)を伐倒したとき、伐倒方向が約50度変わり、伐倒木の付近にあった枯損木(著しく腐食した胸高直径40cm、樹高10.5mのナラ)に当り、その衝撃でこの枯損木が倒れ頭部に激突したものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(受光伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→