■林業労働災害(死亡災害)速報
No.18-010

災害発生日時等平成18年2月24日 
災害発生場所愛媛県 
被災者年齢等63歳(男) 
災害発生状況被災者を含め5名でスギ、ヒノキ人工林(約30年生)の除間伐作業をそれぞれ単独で行っていた。被災者は傾斜地(約30度)でエノキ(直径20cm、樹高20m)を伐倒したところかかり木となり、元玉切りを行ったところ、予想外の方向に倒れ、その時に倒れる木の枝が被災者の保安帽のあご紐に引っかかり、引っ張られて転倒して伐倒木の下敷きになったと推測される。被災者が倒れているのを同僚が発見して病院に運んだが、窒息死と確認された。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→