■林業労働災害(死亡災害)速報
No.18-011

災害発生日時等平成18年3月18日 
災害発生場所島根県 
被災者年齢等34歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚と共にスギの集材作業を行っていた。被災者は集材架線(2段集材、スパン1000m)の中間地点で荷のかけ替えを一人で行っていた。被災者から材が絡まったとの無線連絡があり集材機の運転を止まっている時、再度被災者からケガをしたとの連絡が入り、班長が現場に駆けつけたところ、うずくまっている被災者を発見した。現場には材をかけ替えるため10本程度の材が積まれており、材の1本(長さ10m・末口直径30cm)が何らかの原因で被災者の胸に激突したものと推測される。 
作業場所の林種別 
作業種別集材(架線) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→