■林業労働災害(死亡災害)速報
No.18-034

災害発生日時等平成18年8月3日 
災害発生場所愛媛県 
被災者年齢等67歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚2名と、やや平坦な林地でスギ、ヒノキの皆伐作業を行っていた。隣接する敷地内に伐採木が入らないように林内作業車のワイヤロープで立木をけん引して伐採を行っていた。被災時には、作業ペースを上げるため2本同時にけん引する方法を取っていた。1本目の立木のワイヤロープに1巻きして、2本目の立木に末端を固定しワイヤロープを緊張した。1本目の立木の受け口、追い口を切った後、2本目の立木の受け口を一本目の立木の側に入れてから、追い口を切っていたところ1本目の立木が動き(追い口が深く入りつるが効いていない状況)、この元口が外れた。このとき1本目の立木には高い位置でワイヤロープが緊張して巻かれていたため、ワイヤーロープに吊り下げられた状態となり、緩やかに回転しつつ元口が被災者の方向に跳ね上がり、激突した。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→