■林業労働災害(死亡災害)速報
No.18-045

災害発生日時等平成18年10月4日 
災害発生場所岩手県 
被災者年齢等56歳(男) 
災害発生状況当日被災者は伐倒作業の指導監視業務を行っていた。伐倒作業者が樹高23m、胸高直径46cmのタモを伐倒したところ、その場所から15.5m離れた所にあったカラマツ(樹高23m・胸高直径24cm)が突然倒れてきて、被災者の頭部に激突した。当日は風も無く、このカラマツはかかり木でも、つる絡み、枝絡み木でもなかった。このカラマツは湿地に多少傾いて立っており、根倒れしてきたところから、腐朽していたと思われる。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→