■林業労働災害(死亡災害)速報
No.18-053

災害発生日時等平成18年12月3日 
災害発生場所長野県 
被災者年齢等65歳(男) 
災害発生状況運材索道を用いて集材作業を行っていた。被災者は斜面の中腹で材のかけ替え作業を行っており、運搬中の材に激突されたものと思われる。索道は、傾斜度約30度の斜面で支間斜距離約450mであった。材の自重で荷を降下させる簡易なもので、主索の緊張をトラックを移動することで行っていた。 
作業場所の林種別 
作業種別架線集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→