■林業労働災害(死亡災害)速報
No.19-006

災害発生日時等平成19年2月28日 
災害発生場所宮崎県 
被災者年齢等54歳(男) 
災害発生状況勾配40度の斜面でスギ(胸高直径54cm、樹高16m)を斜面横方向に伐倒するため、受口、追口を作り、伐倒木が傾き始めたところで伐倒を行っていた同僚が退避した。被災者は、伐根位置から上方1mの農道に設置したグラップル(機体重量 3.7t)のアーム先端の側面部で動き始めた伐倒木を横に押したところ、あらかじめ枝落ししてあった枝の根元がアーム先端に絡まり、倒れていく伐倒木に引張られてグラップルが転倒、前のめりの状態で斜面を約7m転落し、被災者は運転席から投げ出された。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→