■林業労働災害(死亡災害)速報
No.19-037

災害発生日時等平成19年7月18日 
災害発生場所静岡県 
被災者年齢等53歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚と2人で架線集材作業を行っていた。被災者は荷かけを担当し、同僚は荷下ろしと、集材機の運転を行っていた。被災者から無線で巻き上げの合図があり、運転手が巻上げを開始したが、被災者から停止の合図が無く、巻き上げ索を巻き切ってしまった。無線での応答も無かったため、運転手が荷かけの現場に行ったところ、伐倒木に押さえつけられたような格好で倒れている被災者を発見した。目撃者がいないため推測であるが、荷かけした材を巻き上げたときに、枝か幹が絡まっていた他の伐倒木が引き上げられ、これが滑落して被災者を直撃したものと考えられる。 
作業場所の林種別 
作業種別架線集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→