■林業労働災害(死亡災害)速報
No.19-048

災害発生日時等平成19年12月19日 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等64歳(男) 
災害発生状況被災者は単独で集材路作設のための伐採作業を行っていた。現場の状況から、被災者は伐採した時に生じたかかり木を処理せずに次々に移動して伐採を行っていたものと見られ、伐採が進むうちに1本のかかり木を受けていた枯損木が根元より折れ、そのかかり木が落下し、将棋倒しのように被災者が作業を行っていたほかのかかり木にあたり、このかかり木が被災者に激突したと推測される。被災者は、チェーンソーなどを持って約200mほど自力で歩行した後意識を失い倒れていたところを同僚に発見され、病院に収容され療養中であったが、1月14日に亡くなった。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(択伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→