■林業労働災害(死亡災害)速報
No.20-004

災害発生日時等平成20年2月7日 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等67歳(男) 
災害発生状況被災者は、カラマツ初回間伐の集材作業を行うため、トラクタの運転に従事していた。現場は約30度の斜面で、伐倒時にかかり木となった2本のカラマツをトラクタのウインチで引き出して処理しようとしていた。被災者は2本のかかり木の内、谷側にあった木の下側15mの位置にトラクタを止め、2本の木の元口にワイヤロープをかけ、同時に引き出そうとした。山側のかかり木は斜面上向きに倒れたが、下側のかかり木はトラクタの方向に向かって倒れ、トラクタのクローラの上に乗ってウインチのレバー操作をしていた被災者にかかり木の末口側が激突し、その場に倒れ、カラマツとトラクタの間に挟まれた。 
作業場所の林種別 
作業種別車両集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→