■林業労働災害(死亡災害)速報
No.20-007

災害発生日時等平成20年3月6日 
災害発生場所鹿児島県 
被災者年齢等63歳(男) 
災害発生状況被災者は、同僚と2人で、チップ材生産のための広葉樹の伐木・造材を行っていた。傾斜30〜40度の斜面で広葉樹(胸高直径27cm、樹高14m)を斜面下方へ伐倒したところ、伐倒木から5.2m離れた斜面上方の別の広葉樹(根元に腐れが入った二又木の片方、胸高直径47m、樹高14m)が倒れてきて、さらに他の立木に当たって跳ねたため、伐倒木から離れて退避していた被災者に激突したものと推定される。被災当時、同僚は離れたところで搬出作業を行っていて、現場に帰って倒れている被災者を発見した。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→