■林業労働災害(死亡災害)速報
No.20-013

災害発生日時等平成20年4月16日 
災害発生場所熊本県 
被災者年齢等38歳(男) 
災害発生状況被災者は、同僚と共に7人で2班に別れ、50年生のスギ林とヒノキ林の間伐作業に従事していた。被災者はヒノキの伐木・造材を、同僚Aはスギの伐倒を行っていた。作業中、同僚Aは50m位離れた位置に被災者がいることを確認しているが、次の伐倒作業のために移動したところ、大きな岩にさえぎられ被災者の位置が見えなくなった。造材作業を続けていた被災者は同僚による伐倒作業の危険範囲に入った事に気づかずにいたものと推察され、玉切り作業中に同僚が伐倒したスギ(径48cm、樹高27m)の先端部(約25mの位置)が激突した。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→