■林業労働災害(死亡災害)速報
No.20-022

災害発生日時等平成20年5月10日 
災害発生場所福井県 
被災者年齢等60歳(男) 
災害発生状況被災者は、同僚と2人で皆伐地への集材路の作設作業に従事していた。被災当時、同僚はバックホー修理のため事務所に戻り、被災者は1人で支障木の伐倒作業を行っていた。夕方、現場に戻った同僚が、伐倒木の下敷きになっている被災者を発見した。現場の状況から、支障木のスギ(径25cm、樹高18m)を伐倒したところ、対岸のハゼ(径20cm、樹高約10m)にかかったため、これを外そうとしてチェーンソーで「つる」を切った際に、伐倒木が天秤状となり被災者の方向に約2mほど滑り落ちてきて下敷きになったものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(支障木処理) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→