■林業労働災害(死亡災害)速報
No.20-026

災害発生日時等平成20年9月8日 
災害発生場所北海道 
被災者年齢等76歳(男) 
災害発生状況被災者は、同僚らと共にエゾマツ、トドマツ混交林の択伐作業に従事していた。終業時間になっても被災者が集合場所に戻らないため300mほど離れた作業現場付近を探したところ、枝払いをしていたと思われるエゾマツの伐倒木の脇で死亡しているのが発見された。現場の状況から、エゾマツの伐根から4m離れた二股のトドマツの片方(直径26cm、樹高15m)の根元が腐っており、エゾマツの伐倒にともなう振動あるいは枝の接触が原因となって亀裂を生じ、被災者の方向に倒れ激突したものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(択伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→