■林業労働災害(死亡災害)速報
No.20-028

災害発生日時等平成20年6月4日 
災害発生場所長野県 
被災者年齢等76歳(男) 
災害発生状況被災者は事業主と共に2人で、道路脇のスギ(直径約70cm、樹高25m)の伐採作業を行っていた。当時、被災者はチェーンソーによる受け口と追い口の切り込みを、事業主はワイヤロープとチルホールを用い伐倒方向を誘導する作業に従事していた。事業主がスギの幹にかけたワイヤロープを牽引するため斜面上部で待機していたところ、合図がないまま自然にスギが倒れたため不審に思い駆け寄ったところ、倒れたスギの下敷きになっている被災者を発見した。目撃者がいないため推定になるが、被災者がチェーンソーで追い口を切った後、反対側のつるの状況を見るため受け口の側から覗いた際に、伐倒木が傾き始めている事に気付かず、退避が遅れ下敷きになったものと思われる。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→