■林業労働災害(死亡災害)速報
No.21-007

災害発生日時等平成21年2月18日 
災害発生場所岩手県 
被災者年齢等35歳(男) 
災害発生状況被災者はスギ林の保育間伐のための伐採作業に従事していた。スギ立木(胸高直径約28cm)を伐倒するため、追い口に2本目のくさびを打ち込もうしたところ、先端が欠けたため、予備のくさびを取ろうと移動した時、約6m離れたケヤキの上方の枝(長さ約10m、径約14cm、重量約60Kg)が突然折れ落下し、被災者を直撃した。ケヤキの上方の枝は伐倒しようとしていたスギの枝と接触しており、クサビ打ちの振動等で腐食した部分が折れ落下したものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→