■林業労働災害(死亡災害)速報
No.21-009

災害発生日時等平成21年2月15日 
災害発生場所佐賀県 
被災者年齢等53歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚4人とともに、地拵えのためチェーンソーを用い雑木の伐採作業を行っていた。被災当時、34度の斜面で、谷側に伐倒した雑木(伐根直径30cm、樹高8m)を玉切りするため伐倒木の下側に立ち稍端部の枝払いを行っていたところ、伐倒木が安定を失い被災者は伐倒木と一緒に約5m滑落し、伐倒木の枝木と地拵えで集積した材の間に挟まれ受災した。現場の状況から、伐倒木が安定を失ったのは、歯止めなどの措置をしないまま伐倒木の「支え枝」を切ったためと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別造林(地拵) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→